山口県 宇部市 頻尿 尿失禁 尿潜血 血尿 夜尿症 おねしょ

ホーム医院案内・アクセス医師のご紹介診療のご案内
ホーム»  診療のご案内»  尿のお悩み

尿のお悩み

「トイレが近い」過活動膀胱

『トイレが近くおしっこがもれそうになるので、バス旅行をキャンセルした。』と言って受診される方が多いです。
トイレが近いのは、過活動膀胱の症状です。

患者数

年齢とともに増えて、40才以上の男女では10人に1人がかかっています。

原因・症状

加齢または脳梗塞・前立腺肥大などの病気に伴い、膀胱の筋肉が本人の意志に反して勝手に縮んでしまいます。
「おしっこの回数が多い(1日8回以上)。」
「トイレに行くまで我慢できず、おしっこがもれてしまう。」

診断

お腹の上から「超音波検査」を行い、残尿が無いか・膀胱に結石やがんが無いかを必ず確認。

治療

  • (1)敏感になった膀胱をリラックスさせる薬を服用する。
  • (2)低周波治療(お腹に機械をあてて、膀胱の神経の働きを調整する)。

多くの方が『年だから仕方ない』『恥ずかしい』と諦められていますが、治療を受けられると『こんなに良くなるなんて!』とびっくりされています。

「おしっこがもれる」圧迫性尿失禁

大きなくしゃみをした時や急に走った時に『もれる』のは腹圧性尿失禁という病気です。
女性の3人に1人が経験しています。

原因

女性の尿道は短く、さらに尿道を締めるパッキンの役割をする筋肉が出産・加齢によって弱まるためです。

治療

  • (1)体操(肛門をギュッと締める運動。)
  • (2)低周波治療(お腹に機械をあてるだけで、パッキンの筋肉が強くなります。)
  • (3)薬(尿道の出口をしめ、膀胱をリラックスさせます。)
  • (4)手術(尿道にコラーゲンを注入(外来手術)。下腹部と膣を切開し、尿道の周りにテープを巻き付ける(TVT法:2泊3日入院))

尿もれの程度に応じて治療法は選べます。
多くの方が『恥ずかしいから』と1人で悩まれています。

「すっきり出ない」神経因性膀胱

すっきり出ないのは、女性では神経因性膀胱という病気です。

脳梗塞・パーキンソン病(脳)、腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症(脊髄)、糖尿病・子宮や直腸の手術(膀胱)などで脳・脊髄・膀胱をつなぐ神経が傷つき、「おしっこをゆったり貯めて、ぎゅっと最後までしぼり出す膀胱の働き」が悪くなる病気です。
エコー検査で必ず病状を見極めてから薬を選びます。

尿潜血/顕微鏡的血尿

「膀胱がん」かも?

当院では毎年10人以上の膀胱がんが見つかり、その95%は『尿潜血』陽性です。
見た目で赤い『肉眼的血尿』と、見た目は透明な『顕微鏡的血尿=尿潜血』はどちらも異常です。

診断

『尿潜血あり』の場合必ず顕微鏡で赤血球の数と形を確認し、腎臓由来か膀胱由来かを調べます。
エコー検査でほとんどの膀胱がん・腎臓がんは見つかります。

膀胱がん

早期がんは入院で内視鏡手術を行います。
進行がんは抗がん剤・放射線療法・膀胱全摘手術(膀胱を袋ごと摘出、小腸で人工膀胱を作り、横腹からおしっこを出す)。

尿たんぱく

若い頃から健康診断で「たんぱく尿」を指摘される方は、放っておいた場合、10年後に「血液透析」が必要になるかも?

慢性糸球体腎炎の経過

尿検査で「たんぱく尿」「尿潜血」が見つかった後、10年以上かけて病気が進行します。
初めて自覚症状(むくみ、倦怠感)が出現したら、短期間で腎不全から透析になることもあります。
毎年新たに血液透析になる3万人のうち、30%は慢性腎炎が原因です。

診断

専用容器で1日の尿を貯めて「たんぱく」を測ります。
「たんぱく」が多いときは腎臓の組織を採取します。

治療

  • 食事療法(たんぱく質制限・塩分制限)
  • (副作用の少ない漢方薬など)
  • 血圧管理(120/70台まで下げる)

夜尿症(おねしょ)

5~6才を過ぎて、月に2回以上おねしょをするのが「夜尿症」です。
6才のこどもの10人に1人が夜尿症と、意外に多い病気です。

原因

夜間の尿量が多い」または「膀胱が小さい」タイプの2つに分かれます。

診断

尿検査、エコー検査。自宅で“おねしょの量”と“がまん尿量”を測定。

治療

夜間多尿タイプには尿量を減らす点鼻薬。膀胱タイプにはアラーム療法や膀胱の筋肉を広げる薬が有効。
最近は“本人への心理的負担の大きさ”“一部の症例では成人への移行”が明らかにされ、小学生になっても続く夜尿症には積極的な治療が推奨されています。

ページトップへ